特定調停も任意整理による解決と同じようにそれぞれの債権者に対して債務の返済を行うことを選択する借金整理の形です。仕事 辞めたい アフィリエイト

わかりやすくいうなら裁判所がやる任意整理ということができます。

特定調停という方法も任意整理による手続きとほぼ同じく自己破産手続きとは異なってある部分だけのお金だけを処理することができますので他の連帯保証人が付いている負債額以外について処理する時やクルマのローンを別として手続きしていく際等においても申請することも可能ですし、財産を手放してしまう必要がないため、戸建て住宅などの財産を持っていて、放棄してしまいたくない場合などでも有力な選択肢になる借金整理の手順といえるでしょう。

ただ、手順を踏んでから返済していく額と実際としての可処分所得をかんがみてある程度返済が見通せるようである場合は方法を選択することは可能ですが自己破産手続きのように借金そのものがなくなるということではないためお金の合計が多い場合には実際的にはこの特定調停という手続きを進めることは困難だということがいえるでしょう。

それから、公の機関が中に入るため司法書士事務所などに関わってもらわなくても不利な立場に立たされる心配がないという点とか解決のためのコストを圧縮できるという良いところは注目できますが、貸し手のきびしい取り立てに本人が説明していくことになる点や文字通り裁判所に何度も通う必要があるなどといった注意が必要な点もあります。

さらに、任意整理による処理と比較してみるとこの方法で和解が成立しない場合には利子を全部付けた計画で返済していかなければいけないことや結果的に貸し手に対し払っていく合計が任意整理よりも高くなる傾向がみられる等の点もあります。